エアコン移設費用
引越しや転勤などで住まいが変わる際、現在使用している電化製品も一緒に持っていく方が殆どかと思いますが、最も困るのがエアコンの移設です。
冷蔵庫や洗濯機などの場合、コンセントの抜き差しだけで簡単に移設することが出来ますが、エアコンとなると取り外しと取り付けに専門的な技術が必要です。
中には個人で移設させてしまう方もいらっしゃるようですが、間違った方法で取り付けてしまうと正常に動かなかったり、故障の原因になることもありますので注意が必要です。

ここではエアコンを移設するために必要な費用について解説します。

エアコンの移設費用について

エアコンの移設は、現在住んでいる場所で取り外しを行い、それを運搬し、転居先で指定場所に取り付ける必要があります。
取り外しと取り付けを別々の業者に依頼すると高額な費用が必要になります。
もし同時に行える「移設セット」を利用することで、取り外し4,000円、取り付け7,000~9,000円、合計11,000~13,000円で可能です。

またエアコン自体の運搬は別料金となっており、5km以内で4,000円~、長距離になる場合には宅配扱いになりますのでご注意ください。

エアコン移設の注意点

しかし上記の金額はあくまでも標準工事の際に適用される費用であり、場合によっては別途費用がかかってくることがあります。
例えば室外機の設置場所が挙げられます。
窓用エアコンで無い限り、必ず室外機を設置する必要があるのですが、標準工事では、同階の地面、または同階のベランダのみに限られます。
室内機が2階で室外機を1階の地面に設置したいという場合には、別途費用がかかりますのでご注意ください。

もしそのようなケースが予想される場合、事前に見積もりの提示をご相談ください。

特殊取り外しと取り付けについて

エアコン取り外し
エアコンの取り外しや取り付けで、標準工事が適用されないケースでは、別途追加する形で費用が発生します。
では追加料金が発生するケース、及び概ねの費用についていくつかご説明します。

エアコンの配管費用

エアコンの室内機と室外機を結ぶために配管パイプを設置しますが、これが移設先で配管パイプの長さが足りない場合には、別途費用が発生します。
1m毎に2,500~3,000円で、大型エアコンで使用する2分4分の配管パイプですと、少し高額になります。
一般的なのは2分3分ですので、概ね2,500円と考えて問題ありません。

タイルやレンガ穴あけ費用

室外機を設置するために、タイルやレンガなどに穴あけが必要になることがあります。
この場合にも別途費用が必要で、3,000円~可能です。
また室内機設置のためにコンクリートへ穴あけするケースもありますが、その場合には15,000円程度となります。
ただし壁内のX線検査は出来ませんので、必要がある場合には専門業者に依頼する必要があります。
壁の厚さは20cmまでとなります。

室外化粧カバー費用

室外化粧カバーは、家の外側にむき出しになる配管パイプを隠すためのもので、さらに直射日光から配管パイプを守るという重要な役割があります。
この室外化粧カバーは、2mまで8,000円で、それ以上になると別途費用がかかります。

コンセント交換工事費用

転居先でコンセントの交換が必要になることもあり、100Vの交換に2,500円、200Vの交換に3,000円となります。
また電圧切り替え工事が必要となる場合には、3,000円~承ります。
以上のように、エアコンの移設時には、標準価格と、場合によって追加費用が発生することもありますのでご注意ください。

ここでご紹介した全ての費用は、あくまでも標準的な費用であり、設備や環境によって多少変動することもございます。
また、作業員は基本1名となっており、2名以上必要な場合には、その分追加費用が発生します。
事前にどの程度の費用がかかるのかをご相談ください。



───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
エアコン工事(取り付け・取り外し・移設)やエアコンクリーニング、家電設置のことならエアコンズ
見積もり無料!
土曜・日曜・祝日も営業!
■TEL:0120-99-6672
■HP:https://aircons.jp/